読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25歳のくせに大学生やってます。

フリーターや中退を経た25歳男子大学生の日々の記録をを綴ります。

高橋優という熱い男。

 

4月1日(土)
高橋優「来し方行く末」ツアー
横浜アリーナ

 

f:id:honobonogohan:20170403004209j:plain

僕自身、高橋優のライブは2回目で
初回の2015年12月5日の日本武道館で行われた

『5th ANNIVERSARY LIVE TOUR「笑う約束」<アリーナ編>~笑う武道館~』ぶりでした。

 

正直、昔はほとんど無知で

「桐島部活やめるってよ」の主題歌を歌ってる人、

「福笑い」を歌ってる顔はわからないけどとりあえずメガネの人

という印象が強かったです。(ごめんなさい)


時は経て2014年12月頃。

 

僕が仮面浪人をしていたことは親や友人には秘密にしていたこともあり

精神的にもつらかった時期があったんですね。


そんな時にふとCDショップで目に入った優さんのアルバムをおもむろに借りてみて、

家で聴いてみたところ鳥肌が立ちました。

 

特に励ましの曲となったのが

『同じ空の下』

という曲。

明日も笑えるよきっと 何が待っていても この手伸ばして一歩踏み出して 「これだ!」って腹括って決めた 道無き道をどこまでも行こう 何度つまづいても 夢は叶うよ さぁ歩み続けよう やがて時は満ちてく いけるところまでいこう 同じ空の下で

同じ空の下 - 高橋優 - 歌詞 : 歌ネット

 

大げさではなく、当時の僕は勝手ながら不安をかき消す勇気や入試までやり通すエネルギーをもらい本当に救われたんです。

 

その熱いまっすぐなメッセージ性の強い歌詞に心奪われ
それからさらに好きになりました。

 

そんなこんなで今回大学の同じクラスの友人がチケットを取ってくれ

有志4人で参戦することに。

 

菊名駅で待ち合わせして歩くこと15分。

f:id:honobonogohan:20170403001641j:plain

この人の数です。(一部しか撮れてないという壮大さが伝わらない致命的ミス)


毎回思うですがライブ特有のなんとも言えない雰囲気に圧倒されるんですよね。

 

グッズをフル装備したガチ勢軍団

アリーナ前で自撮りをしまくる女子高生達

ベテラン感あふれるおばさんおじさん達

イヤホンを片方づつ付け、仲良さげに曲を聴いているカップル

 

老若男女が今か今かとライブを待ち望んでる

テレビで見る歌手が今から目の前に現れる非日常

このような少し緊張感が漂うこの感じ。

 

 

いざ中へ入ると花も豪華なラインアップで

有名なんだなあと再実感。

 

f:id:honobonogohan:20170403002925j:plain

いつも聴いてるラジオ『大倉君と高橋君』もありました。

 

ライブが始まるまで優さんの曲を皆で口ずさんだり、
久しぶりだったのでお互いの春休み何してたか体験談を報告しあったりしたり、

オールナイトニッポンの『大倉君と高橋君』のラジオが本日生放送だったので
ボックス席に大倉君がいるのではと遠いながら凝視してました。(遠すぎてわからなかった)

 

そして遂に熱い男・高橋優登場。

 

歓声がものすごいww

後ろのおばさんが雄たけびあげてたwww

 

いきなり1曲目が始まりました。

 

◎セトリ◎
1、TOKYO DREAM
2、THE SILENT MAJORITY?
3、太陽と花
4、アイアンハート
5、拒む君の手を握る
6、Cockroch
7、象
8、君の背景
9、花のように

10、運命の人
11、8月6日
12、素晴らしき日
13、光の破片産まれた理由
14、BE RIGHT
15、パイオニア
16、Mr.Complex Man
17、明日はきっといい日になる
18、泣く子はいねが
19、BEAUTIFUL

アンコール
20、ロードムービー
21、福笑い
22、リーマンズロック

(間違ってたら申し訳ないです)

 

 

1曲1曲に思うことはありましたがそうなるときりがないので

 

MCの時に思わず感極まってしまった話があったので紹介します。

 

優さんは横浜には個人的な思い出があるそうで、

10年前、まだ路上でライブをしてた無名時代の頃、
秋田からはるばる横浜に来て
お客も誰もいないライブハウスで歌った帰りに横浜中華街にぷらっと寄ったのこと。

 

まわりはカップルたちが肉まんを分け合っている中

大きい肉まんを一人でむなしく食べたそうです。

 

客がいないライブのことも頭に引っかかり、相当悔しい思いをしたそうだが
『いつかあの横浜アリーナでライブするぞ』
と肉まんを噛みしめながら誓ったんだとか。

 

10年後、

夢を自分自身で叶えたんですね。

 

誰も計り知れないほどの苦労や努力をしてきたからこその今がある、

夢を叶える男の生き様ってほんとかっこいい。

 

優さんの思い出話を聞いて泣きそうになりました。(肝心の涙が出てこない)

おれもがんばろって思わせてくれました。

もうこれ以上できないくらいやりこんで

今まで想像もつかなかった先の成功した未来を見てみたい

おれもあんな熱い男になりたいです。

 

 

f:id:honobonogohan:20170403004246j:plain

(高橋優さんからファンへの手書きメッセージ)

f:id:honobonogohan:20170403003721j:plain

(ライブ後興奮気味の僕ら。 )

 

 

 

帰りの電車で餃子とお酒があ飲みたいと意見が合致したので

渋谷の餃子の王将へ直行。

皆でお互いの感想を述べつつ余韻に浸たりまくりました。
この時間って最高ですね。

 

エイプリルフールだから

「はい、ライブなんてありませーんww嘘でしたwww」

みたいなことがあるのではと割と本気で心配しましたが、

そんなことは杞憂でした。


高橋優の本気のパフォーマンスに魅了され、

シンガーソングライターとしても

1人の男としても憧れるかっこいいい人でした。

 

またライブに行きたいです。

 

 

 あ、

 

 

 

 

 


ファンクラブ入会しましたw

 

 

では今日はこの辺で。
アディオス!!!

25歳年寄り大学生が英検準一級合格を目指すってよ。

こんばんは。

 

いきなりですがわたくし、

 

 

 

英検準一級にチャレンジします。

f:id:honobonogohan:20170324172814p:plain

 

 

英検とはなんぞやという方は下記リンクをクリックしてみてください。

実用英語技能検定 - Wikipedia

 

受験予定日は2017年6月4日。

あと2か月半です。

 

英検を最後に受けたのは中学3年生の時だったので

約10年ぶりになりますw

 

なんで今更受けるのかと言いますと

 

わたくし高校の英語教師になりたいのです。

これを言うと英語がさぞかし得意だと勘違いされそうですが

 

逆です。

 

では何故英語なのか。

 

消去法です。

 

国語も社会も正直全く興味ないんですよ

 

『英語が唯一中学から好きだった』

これだけです。

 

「これこれこうで、こういう経緯があって感銘を受えたので英語の先生に絶対なりたいです!あ、TOEICは900点です!」

 

こういう人には圧倒的敗北です。

 

僕も海外で外国人と英語で意思疎通できた時の喜びが忘れられなく、

もっと英語が話せるようになりたいと強く思ったこともあります。

 

HUBで外人と話すのも楽しい

 

話せないとショックを受けたり

 

感情に揺さぶられることがあるんです。

 

また、

去年の留学でより英語が好きになりました。

 

けど

 

好き=できる

ではないんですよね僕の場合。

 

それは未だ英語を本気で打ち込んでない舐め腐った自分がいるからです。

(というかそこまで英語を打ち込んでないやつが簡単に『好き』なんて言える資格なんてない気がしてきた、、、)

 

英語に本気で没頭したり

何かしら努力することもなく

大学3年生になろうとしてます。

(弱い人間。)

 

このままでは明らかに教員になれないですよね

 

 英語に自信がないし

自信がつくまでそもそも勉強もしてない

 

 こんなどうしようもない僕とおさらばするべく、

少しでも自信をつけるために

まずは英検準一級を目指すことを決意しました。

 

 

 

 ◎2級の体験談

 

そもそも

「お前いきなり準1級なの?w」

と突っ込まれそうですが

一応2級は中学3年生の時に高校受験のために取得をしました。

 

 確か当時英検等の資格は高校受験で優遇されるケースがあったんですよね。

(今の高校入試事情はわかりません)

 

それもあっていつも放任主義な僕の母が何故かここぞとばかりに英検をごり押ししてきて受けたのがきっかけです。

 

 当時思春期もまだ来てない純粋チェリーボーイは親に言われるがまま2級に合格するために頑張ってた記憶がありますwww

 

 『高校受験のため』という目的からなんとか2級を合格は出来たんですが

2次試験の面接は面接官を苦笑させるほどの大失態をかましましたね。

 

面接直前までは英語なんて話せないくせに

「まあなんとかなるっしょ」

みたいな全く根拠のない自信を親に披露し強がってたんですが、

そうにもこうにも一応僕ながらの精いっぱいの作戦を密かに立ててたんです。

 

その作戦とは

 

『とにかく始めと終わりの挨拶だけでもせめて元気で明るく振る舞い、

あたかも英語話せますよ的な態度でいよう作戦』

 

いざ


「May I come in?」

からドアを開けると

 

そこにはまさかの外国人wwwwwwwwww

日本人だと思ってたのでこれには予想外www

 鼻たけぇええwww

 

若干の躊躇をしたもののなんとか冷静を装い面接が始まった。

 

最初の天気の話ではやや面接官の話すスピードが早かったが、

とびっきりの愛想笑いを披露し面接官に

「大丈夫。僕はできますよ」

と思い込ませるのだ。

そう、THE洗脳作戦。

 

しかしそんなクソみたいな作戦で試験官を騙せるはずもなく、

面接の本題入ると化けの皮が剥がされていくのである。

 

流れとしては、

①説明文と2コマのイラスト付きの問題カードが手渡され、

試験官から「その文を20秒間で黙読して下さい」的な指示があるので,20秒で黙読をする。

(面接官がめっちゃ目を見開いてこちらを見ていたので無言の圧力にやられ黙読に集中できず何の内容かわからず終了w)

 

②試験官から「先ほど黙読した説明文を今度は声に出して読んで下さい」という指示。

(なんとか英語っぽく聞こえるように文の区切り方やイントネーションに注意して読むことを心掛けた気がする)

 

③音読を終えると,試験官から「では今から5つ質問をします」と言われ、

問題文の内容について5つの質問をされる。

このうち2つは問題文の内容を理解できているかを問うもの

1つはイラストの状況を英語で説明しなさいという指示

残りの2つは問題文のテーマに関する質問

 

③がやっぱ一番僕を苦しめた野郎です。

イラストの状況を説明とかはちんぷんかんぷん過ぎていきなり10秒くらい黙り込んじゃいましたわw

さすがにやばいと思って

 

沈黙を防ごうと

「Let me see......」

でひたすら場を持たせてた記憶がありますwww

 

こう言いたいのにその英語がわからないから

諦めて最後はもう笑ってごまかしてましたね。

 

なにも太刀打ちできず、

 

イキッてたおれ氏完全ノックアウト。

意気消沈しすぎて最初にたてた作戦もどうでもよくなり

帰り際のサンキューも言い忘れ

試験官から見た僕が教室を去る後姿は情けなかったであろう。

 

 

未だ思う

 

 

 

 

なんで受かったんだろwww

 

 

 

◎準1級を受験するうえでの準備

 受験を決めたのでさっそく

池袋のジュンク堂で買ってきました。

 

◉でる順パス単英検準1級 

f:id:honobonogohan:20170322174257j:plain

Amazon CAPTCHA

 ◉英検準1級総合対策教本

f:id:honobonogohan:20170322174319j:plain

Amazon CAPTCHA

 ◉英検準1級集中ゼミ

f:id:honobonogohan:20170322174339j:plain

Amazon CAPTCHA

 英検準1級過去6回全問題集

f:id:honobonogohan:20170322174357j:plain

2017年度版 英検準1級 過去6回全問題集 (旺文社英検書) | 旺文社 |本 | 通販 | Amazon

 

今や本屋では膨大の量の教材があるので正直何を買えばよいかわからなかったです。

 

決め手は

・アマゾンのレビュー

・合格者のブログ等でオススメされてるもの

・同じ会社で揃えたほうがよさそう

 

で決めました。

 

正直何が違うのかあまりわかりませんが

 

試験はあと2ヶ月半あるので、

まずは過去問をチェックしてどんな感じか把握してみて、

パス単で語彙力をつけながら総合対策教本に取り掛かろうと思います。

 

大学受験ぶりに久しぶりに本腰を入れて勉強頑張ってみます!

 

随時進度をブログに書く予定なので、もしこんなやつ応援してやっても良いよという心優しい方いましたら温かい目で見守ってくださりつつ、だらけてたらこっぴどく叱ってやってください。笑

 

 

では本日はこの辺で。

アディオス!!!

DOUTEIが人生初めてのガールズバーに行ってみた②

こんばんは。

前回の続きです。

 

前回の記事はこちら

 

sayonaramoratorium1005.hatenablog.com

 【目次】

 

18時40分新橋駅SL広場待ち合わせ。

 ずっと前から楽しみにしていたレイクタウンでの買い物も結局何一つ買えず終了し、

ややテンションが下がりながら、南浦和駅京浜東北線に乗り換え集合場所へと向かう。

 

一番年下の僕が遅刻は出来ないので15分前には到着。(渾身のどや顔)

とりあえず喫煙所に向かい気持ちを落ち着かせようとタバコに火をつけ、

疲れ切ったサラリーマン達のお顔を拝みながら待機。

 

 するとお昼の中華バイキングでの爆食いで溜まりにたまったブツが蘇るかのように僕のお腹で踊りだし腹イタはMAXに到達。

食事など不可能。

米1粒でさえ見たくない 

 

せっかく予約もしていただいたのに申し訳なさすぎる。

ただのバカである。

 

 

そうこうしているうちに全員集合したのでさっそくレッツゴー

 

 

行き先は芋蔵銀座店。

https://www.hotpepper.jp/strJ000011673/

九州料理と200種類以上を揃える焼酎がウリのお店らしく、

個室でおしゃれな雰囲気がぷんぷんしました。

 

とりあえず僕はコークハイボールを注文し

 

料理はコースなので次々にテーブルに運ばれてきた。

(写真を撮りたかったが腹イタでそれどころではなかった)

 

 

高野さん「お腹すいてるだろ?遠慮せずいっぱい食べな(にっこり)」

 

 

僕「あ、はい!めっちゃ空いてます!!!ありがとうございます!!!」

 

昼間に中華バイキングでたらふく食べたなんて口が裂けても言えなかった。

あの時後先考えなかった自分乙

 

こうなったら少しでもお腹を空かせようとトイレでうんこを何とか排出しようとしたが「席に早く戻らなきゃ」と焦り上手くでてこない。ふざけんなうんこ

 

結局お腹に沢山のうんこを授かったまま席に戻る。

 

『限界突破の日がついに来た』

と一人で謎の悟りを行い、覚悟を決めた。

 

苦しみつつもお得意の顔芸で渾身のおいしいと伝わる笑顔を披露

(昔池袋の某つけ麺屋さんで1㎏のつけ麺、別名『神』にチャレンジして初めてトイレでリバースをした事件が想起される)

 

 しかしこの日僕は悟りを開いたことで進化したのだ(中二病

 

学生の身なので安いものばかりをいつも口にしているせいか

 味が本当に美味しく感じ、腹10分目の腹がマヒをおこし、

 

気づけば何事もなかったように完食を果たしたのだw

 

また、

 

個室だったこともあり

ここぞとばかりに男でしか話せないことばかりお話ししましたね。

 

まとめると

 

「もうすぐ還暦を迎える高野さんもまだまだ性欲が盛んである」

 

 

とのことです。

 

ついにデビュー

新橋駅から徒歩10分。

 

目的地に着き(場所は佐藤さんのプライバシーを考慮し伏せさせていただきます)

「ついに僕もガールズバーデビューだ、、、」

 

初体験の楽しみとドキドキで胸いっぱいになりながら扉を開けると

 

そこにはイメージしていたものとは違う世界があった。

 

チャラチャラした雰囲気が全くなく、

がやがやとした騒がしさもなく、

 

落ち着いた感じと大人の華やかさと高級感があった。

 

 「な、なんだこの大人な異次元の世界は、、、敷居が高すぎる、、

未だ学生をしている自分はこの空間に圧倒されたのである。

 

 カウンターに座ると早速女性スタッフがおしぼりを渡してくれた。

 

f:id:honobonogohan:20170319235832j:plain「あらあ~妙に若いですね~おいくつですか?」

 

といきなり僕に矢が向けられ

 

f:id:honobonogohan:20170310212141j:plain「25です、まだ学生なんですけどねw」

 

f:id:honobonogohan:20170319235832j:plain「 えーーーー学生さん!!!そもそも20代の方がいらっしゃることがほぼ無いのでびっくりしたよ~!」

 

たしかに周りを見渡してみると

お客さんは見た目40~60歳のおじさんしかいない。

 

 大学生第一号らしいwww

 

f:id:honobonogohan:20170310212141j:plain「大学ではじじい扱いですよ(´;ω;`)」

 

f:id:honobonogohan:20170319235832j:plain「大丈夫!まだ若いから。今日は可愛がってあげるね!笑」

 

 

 

きたああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!

 

思わず心の中で叫んだよね

ドMでよかった

姐さん最高

 

皆がそれぞれ会話を楽しんでいたところで一旦中断し

 

 佐藤さんの誕生日祝いということで、

高野さんがものすごい高そうなボトルのお酒を注文。

(あとで聴いた話4万くらいするらしいw)

皆でお祝いの乾杯をした。

 

女性スタッフは5名いたのだが、1人以外は推定30代後半といったところだろうか。

逆にその1人がやけに若く見えたので

思い切って質問してみることに。

 

「失礼ですがおいくつですか?」

 

 「20歳です(にっこり)」

 

わっかww

 

聞く話によると学生さんらしく、大学名も教えてくれた。

笑顔がかわいらしく、まさにおじさんウケが良さそうな子である。

あと巨乳

 

 同じ大学生で学年も同じだったので

「うぇーいwww」

という会話が成り立ち

ここぞとばかりに学生ネタで妙な盛り上がりを果たした。

(ちなみにこの子は時給がいいからという軽いノリでこのバイトを始めたらしい)

 

ちなみに

 

その子は彼氏がしばらくいないらしいので

ノリの流れで

 

「僕空いてますよ」

 

という一言をかましたかったが(冷静にキモすぎ)

 

安心してください

 

基本ビビりの童貞なのでもちろん言えないです。(ぴーす)

 

 

色々な人と話しながら

せっかくなので地味にスタッフさんや他のお客の観察をしていたのだが、

 

○お客さんの話を聞く姿勢

(相手の目をきちんと見てた、相槌も欠かさない)

○お客様最優先

(会話が被ると必ず譲る)

○話を振るのがうまい

(隣のサラリーマン3人組の1人にあまり会話に参加していない方がいたが定期的にその人に話をまわしていた)

なんといってもほめ上手

(よいしょされまくってた50代のサラリーマンが気分を良くしたのかお高いドンペリを注文したのをこの目で見たw)

○お手洗いをすました後は必ずおしぼりを渡してくれる

(高野さんは結構お酒を飲まれていたので頻繁にトイレに行き来していたのだが、その都度おしぼり交換があった。合計6個使用w)

○飲み終わったら注いでくれる

○水滴を定期的に拭いてくれる

○割とプライベートの話をしてくれる(名前も源氏名ではなく本名)

 

ざっとこれらが垣間見えたのである。

本当に徹底していてたまげた。

 

 

個人的には

 

お店の姐さん達に沢山いじられたことが最高でしたwwww

年上最高wwwwwwwwww

 

総括

人生初めてガールズバーに足を運んでみたが、

 

雰囲気も働いている人も落ち着いていて

僕が思っているものとはいい意味で違った。

 

ただただお客とお酒を飲みながらお話しする楽そうな仕事ではなく

 

お客さんに対しての配慮がきちんとなされていて、

気持ちよくお客様に帰ってもらうような意識の高さが伝わった。

 

あとはなんといっても褒めのオンパレードが印象的である。

(褒めればよいというものでもないが、わざとらしくない褒め方が尋常にうまい!w)

唯一僕でも嘘だとわかった『褒め』は、

お世辞でもかっこいいとは言えないおじさんが終始イケメンと言われてたことであるwしつこいほどひたすら言われていたのでさすがに吹いた。

 

ガールズバーの雰囲気はエリアによって全然異なり、

銀座は新宿や渋谷などと比べると比較的落ち着いた大人なバーが多いらしい。

 

また、普通のバー以外にも沢山の種類があり、

 

・カジノバー風

・クラブ風

・和風

メイド喫茶のバー風

・スポーツバー風

・居酒屋・スナック風

・セクシー風

 

ざっとこんなあるそう。

 

(スポーツと和風が気になる。セクシーは言うまでもない。)

 

ガールズバーは想像以上に楽しめたけども、

もういかないかなw

 

 

 

 余談ですが、

 

 結婚指輪を身に着けたおっちゃんが1人でカウンターにいて、

 

さては家帰っても奥さんにかまってもらえないから来たかな

確かに背中が寂しさを語っているようだ

なんだかかわいそうだ(何様)

僕はああなりたくないな(何様)

 

 

と勝手に妄想して決めつけ、反面教師にしてしましたwwwwおっちゃんすみませんwwwwww

 

 

 

高野さんにも先輩にもスタッフさんにも言われたことは、

 

気になったことはまずやるべし

失敗してもそれはそれでやめればよい

まずは行動に移すこと

 だそうです。

 自己啓発っぽいけどたしかにその通りですよね

肝に銘じます。

 

 

何事も経験が大事なんだと改めて気づかされました。(小並感)

 

 

 

ちなみに

 

高野さんはもうちょっと熟女がよかったそうですw

 

 

 終わり。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 この日は高野さんを始め、先輩方には本当にお世話になりました。

しかも僕1円も出してないんですよね、、、申し訳ないです。。。

今度手土産を持っていこう。

 

 

本日はこの辺で。

アディオス!!!