読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25歳のくせに大学生やってます。

フリーターや中退を経た25歳男子大学生の日々の記録をを綴ります。

僕が家庭教師をしてた時の話③

家庭教師シリーズ最終回です。

 

前回の記事①

sayonaramoratorium1005.hatenablog.com

 

前回の記事② 

sayonaramoratorium1005.hatenablog.com

 

【目次】

 おれ、悩む。(2014年8月~10月)

ひさと君が受験勉強に関して軌道に乗ってきたと思った矢先、

 

実は2つの出来事により僕は悩むことになるのである。

 

【1つ目

まさみ(ひさと君の母で長澤まさみ似の美人妻)から


「今日はひさとが体調が悪いみたいなのでお休みさせてください。」
との電話があった。

 

今までなんだかんだ休むことはなかったので珍しいなあと思いつつも
まあ最近頑張ってたし体調も崩れちゃうか~
と楽観的に特に何も心配はなかった。

 

しかし、連続でお休みが続きさすがにおかしいなと。

 

大丈夫かなと思いまさみに思い切って聞いてみたのである。

 

僕「ひさと君何かありました、、、?」

 

ま「勉強やになっちゃったみたいです」


(そこまで嫌になるほどやりこんではない)

 

僕「なるほど、、、どうしましょうか。軌道がようやく乗ってきたのでここで諦めるのももったいないとは思いますが」

 

ま「ですよね。。。気晴らしにゲームを買ってあげたんですがあまり状態が変わらなくて(泣)」

 

 

まさみwwwそれはだめwwwww

逆に悪影響じゃないかなwwww

 

ひさと君の部屋にあんだけ大量のゲームや漫画がある理由がわかった。

お金持ちっていう理由もあるだろうが、

 

 かあちゃんがぽんぽん買ってあげちゃうからだ

まったくそういうところもいちいち可愛いんだから

 

とりあえずこの状況を会社に相談してみた。


僕がきもいからとか童貞だからとか生理的に無理という親御さんやひさと君からのクレームはないみたいで、

 

本当にやる気がなくなってしまった模様。

 

 

おれ、どうする、、、、

  どうする、、、

  どうする、、、、、!!!!!!!

 

色々考えた結果、

ひさとくんと直接話して聞いてみるのが一番手っ取り早いなと思い、

 

久しぶりに豪邸に訪問するのである。

 


夏も終わり、金木犀の香りがし始めた頃であった。

(ただ言ってみたかった一文w)

 

 【2つ目】

僕の話になるが、

家庭教師をしていた2年前は前の大学に通っており、

インターンや就活が頭によぎりだす3年生であった。

 

そんな僕は4月から自分自身の進路になかなか決断を出せないでいた。

 

僕が高校卒業後にフリーターをしてい頃、

友人に
「お前大学行った方が絶対楽しいぞ~」

と言われ、

 

「なんか面白そう」というほとんど軽いノリで受験をしたので

目的がないまま前の大学に入学してしまったのだ。(くず)

 

時は経て大学3年になり、周りがインターンや就活について話が多くなってくる中、
さすがに自分も将来について考え始めた。

 

 父親が教師をやっていたこともあり、前までは同じ道には進みたくないと謎のイキりぶりを発揮していたのだが、

 

子供が好きなこと

英語を仕事にしてみたかったこと

「生徒たちの成長が自分の生きがいになる」と僕の尊敬している先生の言葉に感銘を受けたこと

 

これらの理由から

 

『教師をやりたい』

と強く思い始めたのである。


しかし時すでに遅し。

もうこの時大学3年生で、教師になるために必要な教員免許を取得するための教職はもちろんとっていなかった。

 

大学卒業してから科目等履修生として教職をとるか

大学院に進学して教員免許を取得するか

大学を再受験するか(今でもこの発想に至ったのが異常だと感じますw)

教師は諦めて市役所などの公務員になるか
一般企業にいくか

悩みに悩みまくり悩んだ。

 

せっかく遅かれながら人生で初めて将来やりたいことを見つけたのに

やりたくもない仕事に就くのは後悔するのではないか

 

フリーターから学生になったものの、僕は在学中に何か夢中にうちこんだことややり遂げた事も特に無かった。


ただバイトやサークルをだらだらするクソみたいな日々を送り続けていた。

 

おれはこの大学生活一体なにをやっていたんだろうと自問自答の繰り返し。

 

 

 

「大学を1からやり直してきちんと教職をとり、教師になるために頑張りたい」

 

と思い始めたのだ。 

 

本当に悩みに悩んだが、

○親や友人には内緒でやりきること。(迷惑をかけたくなかったため)

○受験料や入学金を貯めるためにメインでやってる喫茶店でのバイトは2月まで続けること。

受験校は英語の教職が取得出来て、3教科の配点が同じで、資格試験のサポートも充実している現在の大学の学部のみに絞ること。

○大学の授業はないがしろにしないこと(失敗した場合留年を避けるため)

やるからには全力でやること。

○受験失敗した場合はけじめをつけて切り替えて就活をすること

等を自分で決めて

 

ついに2014年10月に仮面浪人を決意。

 

家庭教師を4月から始めたわけだが、

正直頭の片隅には自分の進路のことがひっかかっていたためずっともやもやしていた。

 

そのもやもやがこの決意により一旦はどっか向こうへいなくなり

家庭教師を辞める気持ちに至ったのである。

 

ひさとくんには高校を合格してほしいし、
もうこの頃には愛着が沸いていたから辞めたくなかった。

 

しかも4月から担当しているからには途中で先生が変更するのはひさとくんにとっても迷惑だし、無責任な行為なのは百も承知だった。

 

けど、受験生になる僕が受験生を教えるってなんか違和感があるし
もはやそんなことしてる場合じゃない。

 

他のライバルたちとは圧倒的差をすでにつけられているからだ。

(今思えば10月から仮面浪人をすること自体受験の厳しさを知らなかったw)

 

ひさと君のためと自分のためのジレンマに悩まされたが

せめて12月末まではひさとくんの学力が少しでも上がるように続けることにした。


会社と親御さんには辞める理由を正直に言うことが出来ず、

 

『1年間ニュージーランドに語学留学をすることになった』

という大嘘をついて12月末で辞めさせていただくことをお話しした。

(本当に本当にごめんなさい) 

 

 

あれから

先ほどの【1つ目】の随分お休みをしていたひさとくんの勉強へのやる気をなくしてしまった事件を脱却するため、久しぶりの豪邸訪問。

 

そしてひさしぶりのまさみ。

あいかわらず美人

谷間見えてる

(そう、まさみはずるいのである。エッチな格好をしていることが時たまあるのだ)

自然と僕の息子さんもご立派に

 

いかんいかんこんなことしてる場合じゃない

ひさとくんと話し合いにきたのだ童貞はすっこめ

 

対面。

 

久しぶりのひさと君は相変わらず真顔が怖いなあw

 

 期間が空いてひさと君もひさと君なりに色々考えそうだが

 

「高校にきちんと進学したい」

 

と言ったのだ。

 

僕が12月末で辞める事を伝えた件もあり、

そこからは

お休みすることなく

宿題もさぼることなく

 授業中寝ることもなくなった。

 

最後の授業の頃には

最初の頃アルファベットでさえ出来なかったにも関わらず、

いつのまにか問題集では丸の方が多くなっていた。

 

もはや弟のように愛しく感じていた僕はひさと君の成長に感動を覚えた。

たかが大学生のアルバイトだけれども

試行錯誤しながら共に頑張ってきたこともあり

これには本当嬉しかったのである。

 

f:id:honobonogohan:20170314105116p:plain

(こんな感じw)

 

 

こうして最後の授業も終わり、

豪邸を去った。

 

「 ひさと君、受験頑張れ、僕も頑張るから。」

 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

ひさと君は今何をしているのだろうか。
高校には合格したのだろうか。

順調に進んでいるならもう高校3年生になろうとしている。

相変わらずゲームや漫画に囲まれているのかなあ。

まさみも元気かな?

本当に美人だったな~

巨乳だったし

辞めたのちょっぴり後悔

いっそのことなら童貞奪ってほしかっ(ry

 

次は大学受験だね
そもそも大学いくのかなあ
時がたつのは本当に早い


ひさと君

2年前、最後の最後で先生を辞めてしまいごめんなさい。

 

実は僕は先生から受験生となり、大学を再受験しました。

 

先生と受験生の兼任は僕には無理でした、留学行くとか無駄にカッコつけた理由で辞めてしまい本当にごめんね。

 

ひさと君の今後に陰ながら応援させて頂きます。

 


家庭教師をやってみた感想

僕の勝手なイメージと

友人のメシウマ体験談を鵜呑みにして初めてみた家庭教師のアルバイトは

想像以上に甘くなかったw

(もはやこのバイトに対してのハードルを上げ過ぎていた自分乙)

 

○生徒の成績をアップさせる責任がのしかかるので、学校のテストで点数が悪いと家庭内に若干良くない雰囲気が漂います。

○お宅に訪問するので親御さんの無言のプレッシャーをより感じます。

○毎回の生徒カリキュラムの記入をします。(一番だるかった)

○授業後のケーキやホットティーは1回もなかったです。まさみ、、、

(ちなみにひさと君から学校の修学旅行でのお土産を頂き感動)

○毎回豪邸に訪問する度に思い知らされる僕の家との明らかな貧富の差w

 

良いこともありました。

 

○まさみが本当に美人。

(行くモチベーションの1つになった)

 

以上。

 

 

冗談です、やって良かったことは先ほども書いたけど

 

ひさと君は最初の頃本当に勉強も毛嫌いして

アルファベットもまともに言えず

とにかくひどかったんですw

 

そこから色々ありましたが少しずつ勉強をするようになり

できるようになり

クラス順位も上げ

 

このような成長を間近で感じることは僕にとっても良い体験になったと思います。

 

 

今年の大学受験も終わり、

春から大学生になる方々はアルバイトをこれから探そうかなという時期ですかね。

 

家庭教師をやろうと考えている方もいると思うので

偉そうにアドバイスさせて頂くと

 

○時給は各会社によってピンキリなのできちんと前もって調べた方がいいです。

○個人契約だと高時給の可能性大です。

○自分で家は選べないのでそれに関しては運。

軽い気持ちでバイトを始めたとしてもだんだん生徒に愛着が沸き、責任も感じ総じて 割と生徒に時間を割くこともあると思います

(自作プリントや小テスト作成、各科目の予習等)

ブログ内では量的に数学の件は省略しましたが、文系で数学大嫌いな僕は予習に相当苦労しましたwまじ無理w

 

 

将来教員志望の方、子供が好きな方、やりがいを感じたい方、家庭教師に少しでも興味のある方はぜひ一度やってみてはいかがでしょうか!

ステマっぽいなww)

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

『僕が家庭教師をしてた時のお話』シリーズが幕がようやく幕を閉じた。

読んでくださった方がもし万が一居ましたら本当にありがとうございます。

 

ブログってなんだかんだ書くことは結構あるとは思うんだけど、

タイピング遅いし、集中力がないので凄い時間かかる。。。

徐々に慣れてくるんでしょうかね

 

 ブログ初心者の道のりは長い、、、

 

まああまり気にせず気ままにやっていこうと思います! 

 

では今日はこの辺で。

アディオス!!!